MEDICAL

疾患やお悩みについて

その他疾患について

認知症とは

「認知症」は、病名ではなく、特有の様々な症状を起こす病態の総称です。認知症は原因により分類されており、アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)が最も多く、全体の6割以上を占めています。その他、脳血管性認知庄やレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)などがあり、アルツハイマー病と脳血管性認知症などの混合タイプもみられます。
認知症により記憶力、コミュニケーション能力、注意力、判断力をはじめとする様々な能力の低下が引き起こされ、それにより意欲を失い活動量が低下してしまう方も少なくありません。

症状

認知症の症状には、「中核症状」と「行動・心理症状」があります。

【中核症状】
高齢の認知症患者さんでは、はじめは記憶障害(物忘れ)が目立つことが多いですが、他の症状も初期より少しずつ現れ、同時に進行していきます。
■ 記憶障害
認知症では脳の記憶を司る「海馬」という部位が破壊されることにより、記憶障害を起こします。老化による物忘れとは異なります。
■ 見当識障害

「見当識」とは、時間や場所・周囲の人との関係を理解する能力を言いますが、認知症ではこの能力が低下し、自分のいる場所や日時が分からなくなります。

■ 実行機能障害

認知症では、計画を立てて、工程を順序良く実行する力が低下します。これにより物事を同時並行することが難しくなり、料理や家電製品の使用が難しくなります。このような症状は比較的初期から現れます。

■ 理解・判断力の障害

物事を素早く理解・判断することが難しくなります。急がされなければできる場合もありますが、乗り物の運転や信号や踏切を渡るといった複雑なことは不可能になり、時には生命に直結することもある注意が必要な症状です。

■ 失行・失認・失語など

道具の使い方などの適切な手順で目的を達成する動作が難しくなる「失行」、目から得た情報を適切に認識できなくなる「失認」、音声や文章からの理解や言葉での表現が難しくなる「失語」などの症状が現れます。

【行動・心理症状】
認知症の患者さんは、中核症状により強い不安や混乱、自尊心の低下などの精神的苦痛を感じています。「行動・心理症状」は、この精神的苦痛や元々の本人の経験や性格、さらに周囲の環境や人々の対応などの様々な要因が複雑に絡み合って起こると言われています。
■ 暴力・暴言・興奮・介護拒否
本人が理解できな場面で、尊厳が傷つけられるような体験をした場合に症状が現れやすいと言われています。
■ 抑うつ・不安・無気力
認知症の症状により脳が疲れやすく、行動を起こすエネルギーが出ないことがあります。また、できない事が増えて自信を失ったり、自尊心が傷ついた時にこのような症状が現れやすい傾向にあります。
■ 徘徊(道に迷う・行方不明)
見当識障害が進行し、見慣れている景色が分からなくなると、外出時に道に迷うなどの症状が現れます。重度になると、一人で外出し行方不明になるなどの「徘徊」の症状が現れます。徘徊は、本人が自分の居場所が理解できず、「家に帰らなければ」「ここがどこなのか確かめたい」といった思いから引き起こされるとされています。本人には必然的な理由があるため、無理に引き留めて説得しても制止が困難なことが多いです。
■ 妄想
妄想とは、客観的にはあり得ない考えを、他人が訂正できない程に確信してしまう症状です。“財布を誰かに盗られた”などの「物盗られ妄想」や、“ひどいことをされた、いじめられた”などの「被害妄想」、“配偶者が浮気をしている”などの「嫉妬妄想」が多くみられます。この症状の背景には、大切な人との関係性を危惧する本人の不安が隠れていることが多いようです。
■ 幻覚
幻覚は、現実的にあり得ない物をまぎれもない真実として見聞きしてしまう症状です。物を人や動物に見てしまう「幻視」や、誰かが話しているように聞こえてしまう「幻聴」が代表的です。
リハビリ方法

認知症に対する代表的な治療は以下の2つです。

  • ■ 薬の服用などの内科的治療
  • ■ リハビリ(運動)による症状の進行予防・改善

運動により脳血流や酸素量を増加させることで脳細胞を活性化させます。認知症では、軽いジョギングやサイクリング、エアロバイク(自転車こぎ)などの有酸素運動が効果的であると言われています。週1回負荷の大きい運動を行うよりも、週に3~4回、30分程度の軽い運動を行う方が効果的です。
毎日リハビリができると良いですが、無理をせず半年~1年程度継続して行うことで効果が実感できます。ウォーキングや踏み台昇降などの運動と認知運動(簡単な計算やしりとり)を組み合わせた「コグニサイズ」も認知症に効果的です。

糖尿病とは

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が高くなることで、様々な症状を引き起こす病気です。人間は本来は膵臓からインスリンを出して血糖を一定の範囲に保とうとします。しかし、このインスリンが不足したり、働きが弱くなることで高血糖を引き起こしてしまうのです。
高血糖により、喉が渇く、疲れやすくなるなどの症状が起こりますが、さらに長期間の高血糖状態が続くことで、血管や心臓、腎臓、眼などに重大な合併症を引き起こします。また、著しく血糖が高い状態になった場合には、突然、昏睡を起こす恐れもあります。

症状

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。それぞれで原因が異なり、症状も異なる点があります。
1型糖尿病は、インスリンの欠乏により発症します。自己免疫疾患により発病すると言われており、突然に症状が現れることが多いのが特徴です。
2型糖尿病は、インスリンの分泌不全やインスリンの抵抗性によるもので、生活習慣病の一つです。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、ゆっくり少しずつ症状が進行します。

【1型糖尿病の症状】
  • ■ 喉が渇く
  • ■ 多飲
  • ■ 多尿
  • ■ 急激な体重減少
  • ■ 強い疲労感
【2型糖尿病の症状】
  • ■ 疲労感
  • ■ 皮膚の乾燥
  • ■ かゆみ
  • ■ 手足の感覚的低下
  • ■ 手足のチクチクとした痛み
  • ■ 感染症にかかりやすい
  • ■ 頻尿
  • ■ 目がかすむ
  • ■ 性機能障害(ED)
  • ■ 傷が治りにくい
  • ■ 激しい空腹感やのどの渇き
リハビリ方法

糖尿病に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • ■ 食事による栄養管理
  • ■ 薬の服用などの内科的治療
  • ■ リハビリ(運動)による病気の進行予防、症状改善

糖尿病に効果的なリハビリは、有酸素運動と筋力トレーニングです。有酸素運動では、筋肉への血流が増えることで筋肉内へのブドウ糖を取り込みを促進させます。それによりインスリンの働きが改善し、血糖値を低下させます。また、筋力トレーニングは、筋力を増強させることでインスリンの効果を高める作用があります。
足や腰、背中を中心とした適度な筋力トレーニングを週2~3回程度行うことが理想です。運動をやめてしまうと3日程で効果が失われてしまうため、継続して行うことが何よりも大切です。
また、過度の筋力トレーニングは逆に血糖を高めてしまう危険性があるため、必ず専門家の助言の下行いましょう。

脊髄損傷とは

背骨の内部を通り、脳とつながる神経の束(脊髄)が何らかの原因で傷ついた状態を脊髄損傷と言います。脊髄は脳からの指令を身体の末端に伝えたり、身体の末端で得た情報を脳に伝える役目があり、それが障害されることで手足を動かしたり、痛みや温度が感じることができなくなる症状が出現します。
原因としては、交通事故や転落事故が多いですが、高齢者では転倒や転落で脊髄損傷を起こすことがあります。

症状

脊椎損傷は、損傷の程度により「完全損傷」と「不完全損傷」に分かれます。完全損傷は、脊髄の機能が完全に壊れた状態であるため、脳からの指令が末端に届かず運動機能が失われます。また、末端の情報を脳へ伝えることもできず、感覚機能も失われ、「動かない・感じない」という麻痺状態になります。しかし、全く何も感じないという訳ではなく、麻痺の部分に痛みや異常な感覚を感じることがあります。それに対し不完全損傷は、脊髄の一部のみを損傷し、一部の機能は残っている状態です。軽症の場合は、ある程度の運動機能は残存しますが、重症では運動機能は消失し、感覚機能のみが残ります。脊髄損傷の慢性期に入ると、「痙性」を引き起こす例がみられます。痙性は、自分では動かせない筋肉が突然、無意識に強張ったり痙攣を起こす症状です。
脊髄損傷で起こる麻痺の程度は様々ですが、重症の場合は、箸やペンを持つことが困難となり、特殊な道具を必要とすることがあります。麻痺の現れ方によっては歩くことが困難となり、杖や車椅子を必要とします。さらに、頚椎のレベルで脊髄損傷を起こした場合には、手足に加え呼吸筋にも麻痺を起こし、生命維持のために人工呼吸器が必要不可欠となるなど、最も重い症状が現れます。また、排尿や排便などの排泄機能が障害されることも多く、便意や尿意を感じなくなったり、自力で排泄することができなくなり、オムツや導尿カテーテルなどの道具を使用することになります。男性の場合は、勃起障害などの性機能障害もしばしば現れます。
脊髄損傷では、運動・感覚を司る神経だけではなく、自律神経も障害を受けます。そのため、麻痺の部位では代謝が不活発となり怪我が治りにくかったり、汗をかく、鳥肌を立てる、血管を収縮・拡張させるといった調節ができず、体温調整が困難となります。

リハビリ方法

脊髄損傷に対する代表的な治療法は、リハビリ(運動)による悪化予防と症状の改善です。
脊髄損傷を起こした場合、残念ながら神経が元通りになることはありません。そのため、残存機能を強化し日常生活動作(ADL)を行うことが目標となります。リハビリでは、残存機能の程度を評価し、状態に応じて目標を設定します。
また、受傷後の社会復帰には、様々なハードルが考えれます。車椅子が必要となった場合は、車椅子の操作方法や街中のバリアへの対応方法などの習得が必要です。歩行できる場合でも、歩行補助具の選定やそれに伴うトレーニングが必要となります。このような変化に対し、豊富な知識と経験を持つ専門職のアドバイスやサポートが大いに役立つことでしょう。

筋挫傷とは

挫傷とは、何らかの外力により皮下組織や筋肉・腱などに損傷が生じた状態を言います。このうち筋肉に損傷を受けたものを筋挫傷と呼びます。外圧の大きさによっては、骨の損傷や骨折、軟部組織の損傷・炎症などを併発することもあります。
筋挫傷は、激しい接触を伴う格闘技やサッカーなどのスポーツでよくみられます。

症状

挫傷の主症状は激しい痛みと腫れです。スポーツでは大腿前面(太ももの前側)でよく起こります。筋挫傷を起こすと、筋肉からの出血などにより、挫傷部位の皮膚が光沢を帯びるほどパンパンに腫れあがることもあります。腫れは受傷後数日は強く現れますが、徐々に落ち着きます。
痛みによる歩行困難や、筋組織の拘縮により関節の曲げ伸ばしが困難になることがあります。拘縮を起こすことで、リハビリが億劫になり、リハビリの効果が十分に得られないという悪循環に陥るリスクがあります。

リハビリ方法

筋挫傷に対する代表的な治療は、リハビリ(運動)による悪化予防と症状の改善です。
挫傷が軽度の場合には、安静・アイシング・圧迫・挙上などの応急処置により腫れは数日で治まります。しかし、中程度や重度の場合には、損傷した筋肉にしこりや障害が残らないようリハビリが必要となります。リハビリでは、まずは痛みのない範囲で関節を動かし、機能を改善していきます。その後、動きが正常に戻れば痛みのない範囲で筋力強化やバランスの改善を開始し、日常生活が送れるように、さらにはスポーツが再開できるように回復を目指します。

呼吸器疾患とは

鼻腔・口腔から咽頭、喉頭、気管、気管支、細気管支、肺までの呼吸に関わる器官のことを「呼吸器」と言います。その中でも気管や気管支、肺、胸膜などに異常が生じた状態を「呼吸器疾患」と呼びます。
気管や気管支には空気の通り道として、肺には呼吸の要としての役割があります。
気管支に起こる病気には、慢性気管支炎や気管支拡張症、気管支喘息などの病気があります。肺で起こる病気としては、肺炎や肺結核、肺気腫、間質性肺炎、肺がんなどが代表的です。
呼吸器疾患でも、異常の生じる部位により現れる症状が異なります。

症状

「気管・気管支」と「肺」では起こる病気と症状が異なります。

【気管・気管支の病気】
  • ■ 慢性気管支炎
  • 原因不明の咳が、1年程の一定期間のうちに3か月程度続き、その状態が連続して2年以上続く場合に慢性気管支炎と診断されます。

  • ■ 気管支拡張症
  • 広がった気管支が元に戻らなくなる疾患です。気管支が広がった部分には分泌物が溜まりやすく、細菌の温床になることで感染を繰り返します。

  • ■ 気管支喘息
  • 何らかの刺激により気道が狭くなる病気です。気道の狭窄により喘鳴(ぜいめい)や咳が起こり、呼吸が苦しくなります。

【肺の病気】
  • ■ 肺炎
  • 風邪やインフルエンザなどの感染症が原因となり肺に炎症を起こします。高齢者の場合は、飲食物や胃内容物の逆流で誤嚥を起こし、誤嚥性肺炎になる場合もあります。

  • ■ 肺結核
  • 結核菌の感染により肺に炎症が起こる病気です。結核菌は空気感染するため感染力がとても強く、結核菌を持つ人と同じ部屋に居るだけで感染を起こします。

  • ■ 間質性肺炎
  • 何らかの原因により肺胞の周りの「間質」に炎症を起こします。炎症を繰り返すことで肺胞の柔らかい壁が破壊され、繊維化が進み、肺胞が硬くなり「肺線維症」を起こします。肺線維症では、硬く縮んだ肺胞により呼吸が難しくなり、最悪の場合死に至ることもあります。

リハビリ方法

呼吸器疾患に対する代表的な治療法は以下の2つです。

  • ■ 薬の服用などの内科的治療
  • ■ リハビリ(運動)による悪化予防・症状の改善

呼吸器疾患におけるリハビリでは、複式呼吸や口すぼめ呼吸などの正しい呼吸法を習得することが大切です。病気により気道が細くなり、呼吸が浅くなってしまいがちですが、正しい呼吸法を習得することにより呼吸の質を高めることが可能です。また、効果的な呼吸は効果的な排痰(痰を出して空気の通りを良くする)にもつながります。

運動療法も呼吸機能の維持・改善に効果的です。

ウォーキングでは、全身の筋肉を鍛え、心肺機能を高めることで症状の改善につながります。特に足腰の筋肉を鍛えることが有効であると言われています。
ストレッチでは、胸郭や横隔膜の動きをスムーズにし、呼吸を改善します。呼吸器疾患があると胸部の筋肉が硬くなる傾向にあり、ストレッチにより深い呼吸ができるようになることが期待されます。