MEDICAL

疾患やお悩みについて

整形外科疾患(骨折・腰痛疾患)について

骨折の問題は患部だけではない

「骨折」とは、外的な力により骨が壊れた状態をいいます。ポッキリと折れるものだけではなく、骨の一部が欠けたり、骨がへこむ、ヒビが入るなどの状態も骨折に含まれます。
健康の人の骨は丈夫であるため、相当大きな力が加わらないと骨折しません。しかし、病気や薬の副作用、加齢などの原因により、少しの力が加わるだけで骨折してしまう「病的骨折」を起こす場合があります。
また、スポーツなどで同じ部位に継続して力が加わり続けることで骨折する「疲労骨折」もあります。疲労骨折は健康な人の骨でも起こり、じんわりと骨折するため、長引く痛みで病院を受診して発見されることが多いのが特徴です。

骨折の回復・治癒の期間には年齢や体力、骨折の部位、周囲の組織の状態などが影響するため個人差がありますが、概ね同じ過程を辿ります。骨折から治癒の過程を以下に記します。

  • 【第1期】骨折血腫期(負傷後8~10日前後):負傷部位の周囲で起こった出血が血腫となることで止血します。出血が止まると炎症が起こります。
  • 【第2期】軟化骨形成期(負傷後10~25日前後):柔らかい組織が繊維状から軟骨程度へと再生されます。
  • 【第3期】骨芽細胞増殖期(負傷後20~60日前後):軟骨から一般的な骨状に変化します。硬度には個人差があります。
  • 【第4期】硬化期(負傷後50~180日前後):元の骨組織に近い状態まで回復します。
  • 【第5期】改変期(負傷後4~12か月前後):完全な骨に回復します。

骨折直後は、骨折部位の周囲組織に炎症を起こしたり、筋肉の損傷を伴っていることが多く、痛みも強くなります。そのため、まずは骨折部位を安静にし、骨を正しい位置に安定させることが最優先です。
骨折後は、骨折部位をかばうことで姿勢のゆがみや他の部位の痛みを起こすこともあります。整形外科や接骨院・整骨院の治療では、マッサージや電気治療などの患部の治療が主で、姿勢や他の部位の痛みは放置されることが少なくありません。しかし、動作の改善のためには、患部の状態だけではなく他の部位も総合的に見ることが大切なのです。

骨折部位(患部)だけをみないことが早期改善のコツ

骨折に対する代表的な治療は以下のものがあります。

  • ■ 外科手術
  • ■ コルセットなどによる保存的治療
  • ■ リハビリによる機能改善、痛みの軽減、姿勢の修正

筋肉や関節は、数日動かさないだけで委縮(筋肉が少なくなる)や拘縮(関節が固くなる)を起こし、さらに動かしにくくなります。それを防ぐため、近年ではできるだけ早期にリハビリが開始されるようになってきています。痛みを伴わない部位のリハビリは、負傷後数日か骨折の処置をした直後から開始することが理想です。また、痛みが点在や長期化している場合でも適切なリハビリにより改善が見込めます。骨折の部位や状態によりリハビリの内容が異なるため、必ず専門家の指導の下行うようにしましょう。

骨折後のリハビリの例を紹介します。

【関節可動域訓練】
はじめはゆっくりと、痛みが生じない範囲で関節を動かします。過度に動かすと関節を損傷してしまう可能性があるため、専門家の下で行いましょう。筋肉のマッサージを同時に行うとより高い効果が期待できます。
【筋力強化訓練】
骨折部位を動かさない状態が続くと、その周囲の筋力も低下してしまいます。リハビリの内容は骨折の部位により異なります。理学療法士や作業療法士の指導の下受けることが大切です。

自費だからできる骨折へのリハビリ

骨折へのリハビリは、患部だけではなく全身を見ることが大切です。また、何となくマッサージや電気治療をするという方法では、骨折部位が治っても他の辛い症状が改善できません。そのため、全身を見ることができる専門家による適切なリハビリを早期から行うことが重要です。
外来や接骨院・整骨院では1回のリハビリ時間は概ね20分程度です。この短時間ではできるリハビリに限りがあり、リハビリの効果は実感し難いでしょう。
当施設では、ご利用者様の状態に合わせ、筋力を強くし、できる限り受傷前の身体へ改善することを目的にリハビリを行います。そのためには約90分間の十分なリハビリプログラムが不可欠なのです。
国家資格を持ち、豊富な経験のある専門のスタッフが、生活上のお悩みや今後の経過についてもアドバイスいたします。

骨折のお悩みを抱える方へのメッセージ

「時間が経てば良くなる」と安易に考えていませんか?それは非常に危険なことです。ここでは、早期に良くなることを目指しています。
「もっと楽に動きたい」「今のリハビリに効果が感じられない」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。