MEDICAL

疾患やお悩みについて

脳卒中(脳梗塞・脳出血)、くも膜下出血について

脳卒中(脳梗塞・脳出血)への理解がリハビリの第一歩

脳卒中は、「脳梗塞」と「頭蓋内出血」の総称です。
脳梗塞とは、何らかの理由で脳内の血管が詰まり、脳細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなることで脳細胞が障害を受ける病気です。頭蓋内出血は、脳の中や脳の外側の血管が破れることで脳の障害を起こす病気です。
脳梗塞は、血管が詰まる原因や詰まる血管の種類により分類されており、脳内の細い動脈が詰まるものを「ラクナ梗塞」、反対に脳内の大きな動脈が詰まるものを「アテローム血栓性梗塞」と呼びます。また、心臓でできた血栓(血の塊)が脳内で詰まると「心原性脳塞栓症」と呼ばれます。
頭蓋内出血は、脳内で血管が破れる「脳内出血」と、脳の外側の血管が破れる「くも膜下出血」などに分けられます。
現在、脳卒中は日本における死亡原因の第3位です。医学の進歩により死に至る患者さんが減少していることや、がんや心臓病の増加のために、近年は脳卒中での死亡順位が下がっていますが、決して脳卒中の発症数が減少したわけではありません。
近年急激に進む超高齢社会や食の欧米化、生活習慣病の増加により脳卒中の発症数は年々増加しており、今後も増加することが予測されます。脳卒中は、死に至らなくとも重い後遺症が残ることが多く、寝たきりになる原因の約3割を占めています。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)の問題とは

脳卒中には「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」「一過性脳虚血発作」などの様々な種類がありますが、いずれも何らかの原因により脳細胞が障害を受ける病気であることは変わりません。脳卒中では、これらの種類により現れる症状は大きく変わりませんが、障害を受ける脳の部位により症状の現れ方が大きく異なります。

脳の部位ごとの症状の違いを下記にまとめます。
大脳:身体の左右どちらかの運動麻痺や感覚障害(片麻痺)、言語障害(呂律が回らない、言葉が出にくい)など。
小脳・脳幹:物が二重に見える(複視)、姿勢が保てない、手足がうまく動かない(四肢失調)など。小脳や脳幹は生命維持に特に重要な部位であるため、ここが障害されると意識障害や呼吸障害など命に関わる症状が現れやすくなります。

脳卒中の代表的な症状は、頭痛、めまい、意識障害、手足の運動・感覚異常、言語障害、視力障害、体幹バランス異常、記憶障害、けいれん発作など多岐に渡ります。症状は脳障害の部位や程度により異なりますが、身体上は何も異常がなくとも言語障害が見られたり、性格が変化してしまうなどの症状が見られる場合もあります。
これらの症状や後遺症により日常生活が不便になってしまう方も少なくありません。装具や杖などを使用して生活する方も多いですが、後遺症の程度や身体の状態は改善と悪化を繰り返すため、その時々に合わせて杖や装具を調整・交換することが大切です。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)にリハビリが有効な理由

脳卒中の後遺症に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • ■ 薬などによる内科的治療
  • ■ 外科手術
  • リハビリによる機能改善、悪化予防、運動方法の再獲得

脳卒中を発症した直後は、病状が安定しないため、治療上安静が必要となります。しかし、その後も必要以上に安静にし、身体を動かさない状態が続くと廃用症候群を起こすことがあります。廃用症候群とは、過度の安静を続けることで身体の機能低下や精神的な落ち込みなどが起こる二次障害で、それにより新たな合併症を招くリスクがあります。麻痺などの後遺症がある場合、身体を動かすことが億劫に感じることもあると思いますが、廃用症候群を予防するために、早期から継続してリハビリを行うことが重要です。
脳卒中の後遺症は多岐にわたり、個人差があります。そのため、専門家による個々の状態に合わせたリハビリプログラムが必要なのです。
以下に代表的なリハビリ方法について説明いたします。

【良肢位保持(リラックスポジション)】
脳卒中の後遺症の一つに「痙縮」があります。身体の一部分に無意識に過剰な力が入り筋肉が突っ張ることで、膝が外側に開いたり、足首や足先がピンとまっすぐ伸びてしまうなどの症状が見られます。痙縮はご本人のリラックスを妨げ、不眠の原因にもなります。また、このような不自然な姿勢で長期間いると、関節が固まり「拘縮」という状態になってしまいます。一度拘縮を起こすと改善は難しいため、できるだけ早期から痙縮へ対応することが必要です。痙縮は、タオルや枕などを利用して腕や足が自然な姿勢(良肢位)になるよう固定する方法があります。
【関節可動域訓練】
脳卒中の後遺症により、手足が動かしにくくなる方もおられます。しかし、このまま長期間動かさない状態を続けると、関節が固まり拘縮を起こしてしまいます。拘縮を予防するために、早期よりリハビリが必要です。
リハビリでは、動きにくくなった関節を他動的に動かすトレーニングなどを行いますが、間違った動かし方をしたり、過度に動かすことで、痛みが発生したり、重大な事故につながる場合もあります。そのため、特に初期の関節可動域訓練は十分な訓練を受けたリハビリの専門家に任せるのが安心です。
【立つ・座るの練習】
脳卒中発症後は、片麻痺や姿勢バランス異常などの後遺症によりまっすぐ立つことや座ることが困難になります。不安定な座位や立位は転倒の危険性もあるため、リハビリによる改善が大切です。
リハビリでは、長時間座位を保つ練習や座位の状態で身体を動かす練習を行います。立位に対しては、足の筋力をつけるためにスクワットなどを取り入れたリハビリを行います。
【歩行練習】
脳卒中の後遺症による麻痺があると、麻痺側の足に体重をかけることができなかったり、反対に体重をかけすぎたりすることで歩行が安定せず、転倒してしまうこともあります。リハビリでは、専門的な指導により、適度に体重をかける練習を行います。安定した歩行ができるようになれば、後ろ歩きや小走りなどの応用も獲得できるかもれません。

自費だからできる脳卒中(脳梗塞・脳出血)へのリハビリ

脳卒中の後遺症に対するリハビリは、できるだけ回数を重ねて動きやすい方法を探していくことや、身体を強くしていくことが重要です。そうすることで麻痺した足でも体重を支えたり、踏み出しやすくなり、日常生活は随分楽になるでしょう。
しかし、介護保険内で行えるリハビリは概ね20~40分程度であり、反復して練習し定着させるためには不十分です。
当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで約90分のリハビリを行います。身体が動かしやすい状態に整ってから筋肉を使うことを徹底しています。また、退院後の身体の経過やリハビリの改善度に合わせて装具や杖の調整・変更も行っています。
国家資格を持ち、病院などの現場で豊富な経験のある専門のスタッフが、生活上のお悩みや今後の経過についてもアドバイスいたします。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)の方へのメッセージ

「麻痺は治らない」と諦めていませんか?諦めてしまうことは非常にもったいないことです。
「もっと楽に動きたい」「今のリハビリに効果が感じられない」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。